concept

セイケンハウスの家づくり

セイケンハウスでは、土地探しや資金計画から設計、
施工、アフターサービスに至るまで、
お客様の家づくりをトータルでサポートいたします。
さらに、地震や台風などの災害に強い頑強構造、
高気密・高断熱×パッシブデザインによる快適環境、
そして、美しく洗練されたインテリア空間と、
構造・性能・デザインがハイクオリティな水準で
バランスよく整った住まいを
リーズナブルな価格でご提供します。

design

敷地や立地条件を最大限に有効利用して
個性あふれるスタイリッシュな住まいをデザイン。
完全自由設計によって細部まで緻密に
意匠性と機能性にこだわり、
ご家族の理想のライフスタイルを自由自在に叶えます。
また、自然の光と風を暮らしに活かす
パッシブデザインを採用し、
年中快適×省エネな住まいをご提案します。

構造

耐震等級3相当の家
建物の耐震性は、住宅性能表示制度にもとづく「耐震等級」によって比べられます。耐震等級は、地震に対する構造躯体の倒壊・崩壊等のしにくさを表示したものです。耐震等級3が最高ランクで、耐震等級1は建築基準法で定められている耐震力に相当します。

当社では、敷地の状況やお客様のご要望、費用等に応じて、適切な耐震等級の住まいをご提案することにより、ご家族が末永く安心・安全に暮らせる住まいを実現します。
耐震等級3相当の家
木造軸組工法
木造軸組工法は在来工法とも呼ばれ、柱・梁・筋交いを組み合わせて建物の骨組みをつくります。頑丈で増改築もしやすいうえに、高温多湿な日本の気候風土に最適な工法のひとつとして人気も高く、現在も国内で最も多く採用されています。
セイケンハウスでは、木造軸組工法を標準仕様とし、技術力の高い大工職人が1棟1棟丁寧に施工を手がけています。
また、地震や台風などの水平方向にかかる力に対しては筋かいや各社耐力面材を、1階から2階にのびる「通し柱」にはピン工法を採用しています。
木造軸組工法
  • ピン工法 ピン工法
  • 耐力面材 耐力面材
ベタ基礎工法
当社では、ベタ基礎を標準仕様としています。ベタ基礎とは、外から見える立ち上がりの部分だけでなく、建物の底板一面にコンクリートを敷き詰める工法のことです。建物の荷重を底板全体で受け止め、面で支えることによって、耐震性が向上します。また、建物の下がコンクリートで覆われているので地面からの湿気を防ぐことができ、シロアリなどの害虫も侵入しづらくなります。
ベタ基礎工法

性能

高断熱・省エネ住宅
省エネ性能の高い住宅とは、冷暖房コストを抑えることのできる住宅です。
冬暖かく、夏涼しい快適な住宅は冷暖房費の低減にも繋がります。つまり、「省エネ住宅」=「快適な住宅」であるといえます。
硬質ウレタンフォーム
硬質ウレタンフォーム

セイケンハウスでは、高断熱UA値0.6(ZEH基準)の断熱性能を持つ住まいを提供します。吹き付け硬質ウレタンフォーム躯体に自己接着するので、木が伸縮しても高断熱、高気密が保てます。また、高い気密性と充填性があるので隙間なく充填できます。 その他には天然繊維であるセルローズファイバー等、様々な断熱工法への対応します。 ■UA値とは… 住宅内部から、床、壁、屋根、窓を通過して外部へ逃げる熱量のことをいいます。値が小さいほど熱が逃げにくく省エネルギー性能が高いことを表します。 ・次世代省エネ基準UA値0.87(地域区分6)  ・ZEH基準UA値0.6

高性能サッシ「リクシル サーモスⅡ-H/L」
高性能サッシ「リクシル サーモスⅡ-H/L」

サッシには断熱性能の高い、アルミと樹脂の複合サッシ「リクシル サーモスⅡ-H/L」を採用しています。高断熱窓をはじめ断熱化された住まいは、部屋ごとの温度差を抑えることができ、冷暖房費の低減にも繋がります。 また、部屋ごとの温度差を少なくすることにより、高齢者に起こりやすい冬場のヒートショック対策にも効果的です。快適さと同時に体へのやさしさにもつながります。

家づくりの流れ
初めての家づくりはわからないことばかりで、不安がつきものです。
でも、あらかじめ完成までの流れを知っておくと、
不安を解消でき、スムーズに計画が進みます。

家づくりの流れ

アフターサービス
住まいを末永く美しく、快適に保つには、適切なメンテナンスが必要です。そのためセイケンハウスでは、建てた後のアフターサービスやメンテナンスを徹底しています。また、保証体制も万全に備えているため、いつまでも安心してお暮らしいただけます。
アフターサービス
竣工前「自社検査」
お引渡し前の自社検査。欠陥の有無を慎重に調査します。 ※万が一欠陥があった場合は改善します。
竣工前「お施主様立会い検査」
お引渡し前にお施主様立ち会いのもとで再検査を実施。 ※万が一お施主様が気になる部分がございましたら改善します。
お引渡し(保証書発行)
全ての改善点をクリアにし、お施主様に引渡しいたします。 この時点で当社の10年間保証を証明する保証書をお渡しします。
6ヶ月・1年点検
不具合などが一番多く見つかる時期は完成後1年以内です。 この時期には最も重点的に点検を実施します。 検査では、構造部分を中心に建物本体や設備に不具合が生じていないか、 お施主様にお話をお伺いしたり目視確認などして点検を行います。
5年・10年点検
10年間に渡りお客様の近くで見守り続けます。
10年目以降
保証期間が終了したあともいつでもご相談をお受けします。 どんな些細なことでも遠慮なくサービス担当者をお呼び付け下さい。