concept

ブログ・お知らせ

Category

2021.09.27スタッフブログ吹き抜けのある家

お客様に「どんな家を建てたいですか?」と伺うと、
「吹き抜けのある家」を希望される場合が多いです。
吹き抜けが好まれる理由は、室内が開放的でオシャレな雰囲気に仕上がるからです。

「吹き抜け」とは、1階の天井・2階の床を設けずに、上下階がつながっている空間のことです。
吹き抜けのある家には、様々なメリットがあります。

「吹き抜けのある家」のメリット


1 開放感を得られる

吹き抜けによって天井が高くなるので、室内の圧迫感を抑えて開放感を得られます。


2 室内が明るくなる

吹き抜けの上部に採光のための窓を設けておくと、自然光が1階の奥まで行き届き、
十分な明るさを確保できます。


3 風通しが良くなる

吹き抜けによって空気の流れが生じ、家全体の風通しが良くなります。
夏には吹き抜けの上の窓を開けて熱気を外に出すようにすると、室内が涼しくなります。


4 薪ストーブの効果が増す

薪ストーブを導入する場合は、吹き抜けを通じて暖かさが2階にまで行き渡ります。


5 上下階に分かれて居ても、家族の気配を感じとれる

家族が1階と2階に分かれて過ごしているときでも、吹き抜けを通じて常に家族の気配を感じとることができ、
もちろん会話も楽しめるので、家族間のコミュニケーションが深まります。

 

デメリットは?


・暖房が効きづらく、冬に寒い
・2階の間取りが制限される
・同じ大きさの家と比べて面積が小さくなるので、収納や部屋のスペースが狭くなる
・音が伝わりやすく、気になる場合がある

 
・・・・・・などが挙げられます。

 

ただし、最近の家は気密・断熱性に優れているため、吹き抜けがあっても冬でも十分に暖かく過ごせます。
間取りや広さの問題についても、家族構成や必要な部屋数、使い勝手などを考慮したうえで、
吹き抜けの大きさを調整することで解消できます。
 
それでは、セイケンハウスがおすすめする「吹き抜けのある家」のプラン例をご紹介します。

延床は35坪で、家族4人暮らしを想定した標準的なサイズの2階建てです。
図面上で点線が交差している部分が、吹き抜けの箇所です。

 

 

こちらのプランでは、リビングの床をダイニングキッチンよりも階段2段分下げたうえで
吹き抜けを設けてあります。
そのため、上下に空間が広がり、縦空間がいっそう強調されて、絶大な開放感を得られます。

一方、2階には主寝室と子ども部屋を2室設け、それぞれにプライバシーを確保しました。

 

 

寝室と子ども部屋の一室については、吹き抜けに面して内窓を設けてあり、
窓を開けると1階の様子を見渡せます。
1階にいる家族に気軽に声をかけ、会話を楽しむこともできるので、
家族のコミュニケーションがいっそう深まりそうですね。

 

 


上記はプランの一例ですが、当社ではもちろん、
お客様のご要望やライフスタイルにフィットしたオーダーメイドの住まいをご提案します。


まずは理想の暮らしに合った土地探しからお手伝いしますので、どうぞお気軽にご相談ください。