concept

ブログ・お知らせ

Category

2021.10.08スタッフブログスタイリッシュモダンな暮らし

都会的かつ高級感のあるスタイリッシュモダンな暮らしは、大人の憧れ。
ホテルのように広々として洗練された空間で毎日を過ごせたら、
仕事の疲れも一気に忘れてしまいそうですね。

とはいえ、
「スタイリッシュモダンな暮らしは憧れるけど、作るのが難しそう・・・」
と考えている人も少なくないはず。
そこで、今回は自宅でスタイリッシュモダンを叶えるためのポイントをご紹介します。

■スタイリッシュモダンな家づくりのポイント


• ホテルの上質な空間をお手本に!

スタイリッシュモダンな住まいをプランする際には、都心のハイクラスなホテルの一室を参考にするのがおすすめ。
旅行を兼ねて泊まってみるのも参考になります。
ホテルを真似て、家具やファブリックを同系色で統一すると、ラグジュアリーで上品な空間に仕上がります。


• 余白を上手に生かす

日本画や水墨画は「余白の美」が魅力であるように、美しいと感じられる空間には、必ず「余白」があります。
空いているスペースに家具や小物を詰め込んでコーディネートするのではなく、
あえて余白の空間を残して、必要最低限の家具や小物で空間を彩りましょう。
生活用品はできるだけ収納スペースの中に隠し、生活感を表に出さないことが重要です。


• ベース・メイン・ポイント、それぞれのカラーの使い方

カラーコーディネートは室内の印象を大きく左右します。

インテリアのカラーは、

 

・床・壁・天井など、室内の70%の面積を占める「ベースカラー」
・カーテンやソファなど、室内の20〜30%の面積を占める「メインカラー」
・クッションや照明、インテリア小物、額絵など、室内の5%を占める「ポイントカラー」

 

・・・・という3つのカラーで成り立っています。

 

ベースカラーは白やベージュ、グレーなどの淡い色合いに。
メインカラーは部屋の雰囲気を決める色なので、落ち着いた色や明るい色など好みのテイストに合わせて選んで。
そして、ポイントカラーは室内のアクセントに。
上記の3つのカラーの組み合わせ次第で、室内の雰囲気が大きく変わります。

 

それでは、上記のポイントを基本に、セイケンハウスがご提案する「スタイリッシュモダンな家」のプラン例をご紹介します!

LDKはL字型にして、リビングとダイニングをさりげなくゾーニング。
それぞれに「余白」を持たせ、ゆとりと上質感を演出しました。

 

 

ダイニングキッチンの主役はもちろんキッチン。
ダイニングと一列に並べ、存在感を強調。
ダイニングやカップボード、スタディカウンターは素材と色を揃えると、統一感が生まれます。

 

室内のベースカラーは白で統一。
キッチンやテーブル、家具などのメインカラーはダーク系に。
さらに、石やステンレス、アイアンなど、内装の素材感を活かすことで、
空間がいっそうスタイリッシュで高級感あふれる印象に仕上がります。

 

 

さらに、常に美しい空間を保てるように、適量的所の収納スペースを設けることも、
スタイリッシュモダンな住まいをデザインする際の必須条件です。
このプランでは、シューズクロークや1階の和室の収納、2階の納戸など、
必要な箇所に収納を十分に確保してあるので、生活感を収納スペースに閉じ込めて、
端正な空間を実現できます。

 

 


こちらはプランの一例ですが、当社ではもちろん、
お客様のご要望やライフスタイルにフィットしたオーダーメイドの住まいをご提案します。


また、理想の暮らしに合った土地探しからお手伝いしますので、どうぞお気軽にご相談ください。