concept

ブログ・お知らせ

Category

2022.01.07スタッフブログ施工事例のご紹介 〜浜松市O様邸〜

セイケンハウスが住まいのデザインにおいて最もこだわっているのは、
「ファサードのインパクト」
道ゆく人を第一印象で惹きつける魅力を表現するのが、当社の真骨頂です。
そこで今回は、ファサードに特別にこだわった施工事例をご紹介します。

【浜松市O様邸】


道行く人を一目で惹きつける
ファサード・インパクト

 

O様邸の外観のベースはシンプルな箱型。
しかし、ガレージと玄関ポーチを一体化して、ファサードのフレームを強調したことで建物のスケール感が増し、
100坪の敷地にふさわしい堂々たる住まいが実現しました。
フレーム部分は実際の生活空間に比べれば、無くても暮らしが成り立つ箇所ですが、
その「無駄」があるからこそスタイリッシュなファサードが成り立ちます。

 

Oさんご夫妻が当社を選ばれたのは、建物の性能や機能性だけでなく、
ファサードに象徴されるデザイン性にも完璧さを求める同社の姿勢に共感されてのこと。

 

郊外の閑静な街並みの中でひときわ目を引く都会的な建物を建てたいというご夫妻の願いを受けとめ、
地域のランドマークとなり得るようなインパクトのある外観をデザインしました。

 

室内は、縦長のLDKを中心としたコンパクトな間取りが特徴的。
ゲストをもてなす玄関やLDKは上質で洗練された空間を演出。
一方、プライベート空間はご夫妻が気兼ねなくくつろげるように、シンプルかつカジュアルな空間をデザイン。
周囲の視線に配慮して、開口部の大きさや位置にもこだわり、スタイリッシュで快適な住まいを実現しました。

 

玄関からガレージに至る屋根付きポーチは、タイルの床と石の壁の素材感が奥行きのある空間に表情をもたらし、
雨天の際にもガレージから雨に濡れずに室内に移動できます。

 

室内には、同社ならではのシンプルモダンで洗練された空間が広がります。
白で統一した玄関には、土間やフロアにタイルを用い、鏡面のハイドアで高級感を演出しました。

 

白い廊下の先に広がるLDKは、濃い色調のアカシアの床が重厚感と落ち着きをもたらしています。
照明はダウンライトを中心に用い、天井の表情をシンプルに仕上げることで、空間の広さを強調。
さらに、間接照明を効果的に用い、昼と夜の表情の違いを楽しめる空間演出を実現しました。

 

また、キッチンからリビングまでを一直線に配置し、どこからでも室内を見渡せるように配慮。
奥様が家事をしやすいように水回りも一列に配置して、家事動線を可能な限り短縮しました。

 

キッチンとダイニングテーブルは横一列に配置し、家事効率がアップ。
ワークスペースや収納スペースにも十分にゆとりを持たせてあります。

 

O様と最初にお会いした際、
「予算に限りがありますが、大丈夫ですか?」
と聞かれましたが、当社は「もちろんです」とお答えしました。
建物自体の性能は落とすことなく、外観や玄関、LDKなど、一目に着く場所に集中的に費用をかけることで、
スタイリッシュな家を予算内で実現することが可能です。
一生に一度の住まいなので、妥協は厳禁。
「予算がないから無理」と諦めるのではなく、まずは当社にご相談ください。

 


セイケンハウスでは、平屋や2階建て、二世帯住宅などの施工事例を掲載したパンフレットをご用意しています。
ご希望の方には進呈いたしますので、ぜひお問い合わせください。