concept

ブログ・お知らせ

Category

2021.12.27スタッフブログ2階リビングのメリットとデメリット

リビングは家族が集う空間。
最近はリビングとダイニング、キッチンが一体化した家が多いので、
時間的にも寝室を除いて一番多く過ごす場所でもあります。

 

 

通常は、玄関に入ると1階にLDKや水回り、2階に寝室や子ども部屋が配置される場合が多いですが、
立地条件やお客様のご要望などによって2階にLDKを配置する場合もあります。
そこで今回は、「2階リビング」のメリットとデメリットをまとめました。

 

【2階リビングのメリット】

 

 

■日当たりがいい
1階にリビングを配置する場合よりも2階に配置する方が当然高い位置に部屋があるため、
日当たりが良く、明るい空間になります。
日照時間も1階リビングより長くなります。

 

■周囲の視線を気にせず、プライバシーを確保できる
1階リビングの場合には、たとえば南面に道路があったり、
隣家との距離が近かったりするとプライバシーを確保しづらくなります。
一方、2階にリビングを配置すると周囲の視線が届きにくいのでプライバシーを確保できます。

 

■見晴らしがよくなる
2階からの眺めを楽しむことができ、借景として遠くの景色を取り込むこともできます。
窓から視線が抜けて、空の広がりも感じられるため、気持ちの良いリビング空間を実現できます。

 

■天井の高さを自由にできる
最上階にリビングを配置することになるので、天井高を上げたり、勾配天井にしたりすることができます。
ロフトを設けることもできます。

 

■部屋に開放感が生まれる
2階リビングは、構造的に柱や壁のない広々とした空間がつくりやすく、開口部を広くしたり、
天井高を上げることもできるので、部屋に開放感が生まれます。
また、大開口を設けてカーテンを開けっぱなしにしておいても、外からのぞかれる心配がありません。

 

■耐震性が向上する
2階にリビングを配置すると、1階に寝室や個室を配置することになり、
柱や壁が1階に多くなるので、構造的に頑丈な建物になります。

 

■周囲の音が気になりにくい
リビングが2階にあると、1階ほど周囲の雑踏や近隣の生活音が気にならなくなります。

 

【2階リビングのデメリット】

 

 

■階段の上り下りが大変
2階にリビングがあるということは、必然的に階段の上り下りをする機会が増えることになります。
買い物帰りにも、重たい荷物を持って階段を上り下りしなければなりません。
家を建てる20代、30代の頃はそんなに気にならないとしても、
歳をとって足腰が弱くなると上り下りが負担に感じる場合もあるので、
先々の生活を考えて検討する必要があります。

 

■玄関から遠いので不便
ゴミ出しや新聞の取り出し、来客時や宅配便の受け取りの際に、
いちいち2階から1階の玄関まで行かなければならないので、不便な面があります。

 

■1階の部屋が暗くなる
主寝室や子ども部屋、書斎などの個室を1階に配置するということは、大きな窓が少なく、
壁で各室が仕切られるので、暗くて閉鎖的な雰囲気になりがちです。
設計時に窓の配置を工夫して、明るさを確保する必要があります。

 

■庭から遠い
庭まで距離があるので、庭に出る機会が自然と減り、ガーデニングなどを楽しむことがなくなるケースがあります。
その代わり、2階のベランダを広くしてガーデニングなどを楽しむ方法もあります。

 

■夏が暑い
2階は日当たりが良く、暖かい空気は上昇する性質があるため、夏場はどうしても暑くなります。
暑さ対策として、屋根の断熱を強化するなどの工夫が必要です。

 

■防犯面に注意が必要
2階にいる時間が増えるので、不審者が1階に侵入しても気づきにくい場合があります。
玄関ドアや窓などの防犯対策を万全にし、戸締りには十分注意する必要があります。

 

■子どもがいつ帰ってきたのかわかりにくい
2階にリビングを持ってくると、個室を1階に配置する場合が多いため、
子どもが玄関から自分の部屋に直行することができるようになり、いつ帰ってきたのかわかりにくくなります。
コミュニケーションが希薄にならないよう配慮が必要です。


このように、2階リビングには一長一短があり、一概にどちらがいいとは言えませんが、
立地条件などによっては明らかに2階リビングの方が適している場合もあります。
また、お客様が2階リビングをご所望の場合は、デメリットを克服した間取りをプランすることも可能です。
当社では、いずれにしても、
 
①敷地条件や周辺環境
②お客様の暮らし方やライフスタイル
③家族構成や将来的な変化

 
などを考慮の上で、最適な空間をご提案しますので、安心してご相談ください。


実際の家づくりでは、プロの私たちがお客様のご要望や普段のライフパターンなどを詳しく伺い、
資金計画やライフプランなどを含めて、総合的なアドバイスをしながら完全自由設計の住まいをご提案します。
どうぞお気軽にご相談ください。